ベアリング

せっかく全部バラしたので、ベアリングも全て交換します。

フロントホイール
リヤホイール
スイングアーム
スプロケットハブ
ステム

このうち、ステムベアリング以外は外掛け出来ないので、パイロットプーラーを使います。
d0005694_1152272.jpg

アンカーを使って叩き出す方法もありますが、安かったのでプーラーセットを購入(8,500円)

ベアリングの内径に合わせたチャックを挿入し、プッシュボルトを締めこんでいくとチャックが広がり、内側から爪を引っ掛けて抜き取るという仕組みです。

このセットでは、チャックサイズによってプッシュボルトの太さが2種類あります。

スプロケットハブベアリングは難なく抜き取り。

スイングアームピボットベアリングは、プーラーの高さが足りなく半分までしか抜けません。
ここでスライディングハンマーの登場。
d0005694_121469.jpg

スライディングハンマー用のアタッチメント
私の店にあるスライディングハンマーのシャフトとは、ネジのピッチが合わないのでつきません。
アタッチメントを持って店の隣のホームセンターへ。
太さとピッチが合うボルトを発見。
シャフトにします。
プレートも購入。
d0005694_1251465.jpg


自家製スライディングハンマー完成
d0005694_1263134.jpg

制作費223円

これでスイングアームピボットベアリングとリヤホイールベアリングも抜き取り完了。

ここまでは、太いほうのプッシュボルトで作業しました。

続いてフロントホイールのベアリング。
ここは内径が15mm。
細いほうのプッシュボルトを使います。
ここにきて事件発生!

なんと、プッシュボルトを締めこんでいくと、ボルトがチャックに負けて先端が削れてしまいました。
さすがは○国クオリティ。
なんてこったい。
こうなってしまうと、いくら締めこんでもチャックは広がらないので爪が掛かりません。
困った。
これは困った。

チャックとプッシュボルトを持ってまたしても隣のホームセンターへ。
最初に考えたのは、強度の強いステンレスポルトでプッシュボルトを作ること。
が、しかしチャックのネジ穴に合うピッチのボルトがありません。
困った。
これは困った。
と、その時こんなものを発見。
d0005694_12182085.jpg

こいつはいい!
外径といい内径といい、削れて細くなったプッシュボルトの先っぽに被せればいけるかも?

そのまま被せると、長くてネジ山まで届きません。
d0005694_12234558.jpg


半分に切ります。
d0005694_1224949.jpg


おお!届いた。
d0005694_12243295.jpg


自家製プッシュボルト完成
d0005694_12294042.jpg

制作費140円

無事全てのベアリングを抜き取ることができました。
d0005694_12304087.jpg


スイングアームピボットベアリングは純正部品を手配。
その他のベアリングは近所の部品屋さんで購入。
部品屋さんで買った方が、純正部品より安いし両面シールなのでお得です。

スイングアームとスプロケットハブはバフ掛けするので、洗浄液に漬けて汚れを落とします。
d0005694_12373633.jpg

こういうのも、高額な洗浄台を買わなくても、ホームセンターで安く売っているコンテナで十分です。

ふ~、だいぶ進んできましたよ。
[PR]
by trc-r282 | 2008-02-02 12:40 | バイク


<< フロントフォーク パーツチェック >>