フロントフォーク その2

アウターチューブをバフ掛けしたので、前回ばらしたフロントフォークを組みました。
d0005694_17591579.jpg


先ずはインナーチューブにシリンダーを入れるのですが、ピストンリングが引っかかるのですんなりは入りません。
d0005694_17265696.jpg


そこで、アルミテープを使ってこんな物を作りました。
d0005694_17281385.jpg


ピストンとリングにグリースを塗ります。
ピストンリングを縮めた状態で、リングの上からアルミテープをぐるりと巻きます。
ポイントは、リング部にテープが張り付かないようにする事。
テープ裏面のフィルムを剥がさないまま一周まいて、留める部分だけフィルムを剥がして固定します。
d0005694_1733416.jpg


この状態でシリンダーをインナーチューブに入れると、アルミテープだけが段差に引っかかって残り、シリンダーはめでたく挿入できます。

スライドメタルにグリースを塗って、インナーチューブをアウターチューブに入れます。

アウターチューブの底でシリンダーをボルトで固定します。

店のピットを漁って、適当にその辺にある材料でこんなの作ってシリンダーの頭を抑えてボルト留め。
d0005694_182754.jpg


オイルシールを打ち込みます。
オイルシールを傷つけないように、インナーチューブの先にビニールを巻きます。
オイルシールとビニールにラバーグリースを塗ります。
インナーチューブにはシリコンスプレーしました。
d0005694_17494786.jpg


アウターチューブの入り口にもグリースを塗ります。
オイルシールを傷つけないように、新しいオイルシールの上に前回外した古いオイルシールを入れます。
その上から、塩ビパイプで打ち込んでいきました。
インナーチューブの外径が37mm、オイルシールの外径が49mmでしたので、内径40mm・外形48mmの塩ビパイプを使いました。
古いシールまでアウターチューブの中に入っていくので、抜くときインナーチューブを傷つけないように気をつけましょう。

ロックピンを入れて、グリースを入れてダストシールを付けます。

サービスマニュアルの指定オイル量を入れて、インナーチューブをスライドさせてエアを抜きます。

立てかけてしばらく放置し、油面を測ります。

オイルを多めに入れて、注射器を使って抜きながら油面あわせをするのが一般的なようですが、私は指定油面の長さでこんな物を作り、足しながら合わせました。
d0005694_1881067.jpg


スプリングとピストンを入れ、キャップボルトを締めて出来上がり。
d0005694_18112172.jpg


オーバーホールする前と動きが全然違います^^

ちなみに、新しいフォークオイルは臭くなかったです。

きっと汚れたオイルは鉄粉やら何やらで臭くなっていたいたのでしょう。

ブレーキですが、今年はキャリパーとマスターの購入は諦めたので、次はブレーキのオーバーホールをしま~す。
[PR]
by trc-r282 | 2008-03-04 18:17 | バイク


<< ブレーキ 確定申告 >>