ブレーキ

ブレーキですが、最初の計画では「ブレンボの4POTキャリパー+ニッシンラジアルマスター」を考えていたのですが、「カタナのブレーキは効かない!!」と大評判のノーマルブレーキを味わってみたくて、今シーズンはホース以外はノーマルでいきます。(単に金がないという説もあり)

キャリパー・マスターシリンダーのオーバーホールは特に難しいことはないので、ばらして交換する部品は交換、洗う部品は洗って組む。

しいて上げれば、
①ブレーキオイルが塗装に付着したらすぐに洗うこと。
②ブレーキオイルが服に付着したら変色・色落ちするので、作業着で作業しましょう。
③マスターシリンダーのサークリップは、スナップリングプライヤーがないと外すのも付けるのも無理なので、最低これだけは必要。
④キャリパーのピストンブーツを入れるのにはチョッとコツがいる。
 *ブーツを一旦ピストン上部の溝にはまるまで被せる。被せるときめくれるので、めくりかえして溝から抜く。ピストンから抜けない程度までずり下げる。キャリパー側の溝にブーツを入れる。垂直にピストンをキャリパーに入れる。
⑤自信が無ければ絶対自分でやらない。(ショップに頼みましょう)

交換したパーツ
d0005694_1395633.jpg


洗浄して再利用の部品
d0005694_1311310.jpg


マスターおよびキャリパー
d0005694_13114952.jpg


ローターはノギスで厚みをチェック。まだ使える厚みなので、サラッと研磨
d0005694_13124113.jpg


ブレーキホースはPLOTのスウェジラインに交換します。

さて、いよいよシリンダーのボーリングがあがってきたので、ぼちぼちエンジン組みます。
[PR]
by trc-r282 | 2008-03-14 13:17 | バイク


<< エンジン フロントフォーク その2 >>