ウラル

昨日、タイヤの配達でお客さんの所に行ったら、「い~所にきたね~」と・・・。

この「い~所にきたね~」が出ると、長居確定。

前回はCB750Fのリヤタイヤ交換。その前はGS750のオイルクーラー取付。

今回はウラルのタイヤ交換とデフのオイル漏れ。

ウラル

なんぞこのソビエトバイク?

フロントの足はフォークではなく、単筒のショックアブソーバー。

良く見ると前後同じショックアブソーバーですね。

前輪と後輪のホイール・タイヤも同じもの。

サイドカーにスペアタイヤを積んでいるので、前輪・後輪どちらがパンクしても大丈夫ってことか。

さすが軍用。

リヤはスイングアームが無く、フレームにアクセルシャフトを通しています。
d0005694_11134853.jpg


ブレーキは前後ドラム。ホイールが共通だから当然か。

駆動はシャフトドライブ。

おかげでタイヤ交換もラクチン。

さすが軍用。

デフのオイル漏れは、デフカバーのスタッドボルトの緩みが原因。

またひとつ勉強になりましたよ。
[PR]
by trc-r282 | 2008-05-10 11:17 | バイク


<< 阿鼻叫喚 完成 >>