売買のタイミング その4

これを書くのは久しぶりですね~。

先月をふり返ってみると、利喰いは空売り分ばっかりでしたね。

今回は、6121 滝澤鉄工所でいきましょうか。
久々の買いでの成功例ですし(笑)

現在大きな流れは、「下降トレンド」に入っていると思われます。
5月10日に@267をつけていますが、3月18日の@269にタッチできずに翌日下げております。
ここから方向性が見えなくなってきます。
5月17に75日線にタッチで翌日反発。
5月20日に@251をつけ、翌日下げ。
そして、5月26日に5月17日の安値@228も切ってしまいました。
ここから「下げトレンド」に入ったと見えるわけです。

大きな流れが「下げトレンド」の場合、順張りでも逆張りでも、「買い建て」という選択肢は無いのですが、敢えてここを買った理由は5月26日の窓が大きく開きすぎたからです。
なおかつ、5月26日に陽線で引け、翌5月27日に前日の上ひげの中で寄り付いている。

数日間は戻す(窓を埋める)であろうと考えたのです。
買う前から、売るところは決まっていたわけです。

25日線・75日線共に下を向き始め、デットクロスしそうですね。
窓も埋まったし、25日線・75日線は今後抵抗線となるでしょう。

本来「買い」という選択が無い場面でやった事例なので、あまり参項にはならないですね^^;
この銘柄は空売りできないのですが、空売りできるのであれば順張りで売りを建てるポイントでしょう。
チャートを逆さまに見てください。
いい押し目買いのポイント=売るポイントに見えませんか?
[PR]
by trc-r282 | 2005-06-07 22:21 | 独り言


<< 前引けです 大引けです >>